今回で4回目となるIKURAさん直伝のカスタム講座。カスタムの注意点やこだわりについて、スタイル、ボディーペイント、カスタムパーツについて、IKURAさんご愛用のウィンナーレッドFJをベースに色々と聞いてきました。今回はインテリアやオーディオなどを伺っていきます。

X)=取材者Mr-X I)=IKURAさん

X)さてIKURAさん内装なんですが、何か注意点ってありますか?

I)特には無いよ。そもそも内装に手を入れる人って意外と少ないよね。ただ色々アクセサリーぶら下げたり、色んな便利グッズ付けたりする人がけど、やりすぎるとうるさくなるから注意。頓智の効いたモノは俺も大好きだから心がワクワクするけど、結構すぐ飽きちゃう。だから、なるべくガチャガチャさせない方がいいと思うよ。どうせグッズをつけるなら、純正のアクセサリーパーツを付けていく方がいいと思うな。このリアに付けたネットも実は純正なんだよ。多分ここにポケットを付けたって使わないんだけど、なんかカッコよくなるでしょ。





I)外装も内装も俺の主義は一緒。チョットずつ小さなチェンジをしていく。パッと見じゃわかららないけどカッコいい。何が違うんだろうって皆が不思議に思って、よ~く見ると「何個のパーツ・・・」とか、「こんなパーツあるんだ・・・」とか、「いいなぁコレ・・・」とか、みたいになるんだよ。
カスタムの初心者は「どうだーー!」って見せたがる。みんなにスゲーって言われたいしね。
でも、繰り返しになるけど全体のバランスが取れてないと台無しになっちゃうんだよ。

X)確かに内装をカスタムする人って少ないですよね。見られにくいところだからってこともあるんでしょうね。

I)やっぱりみんな、人に評価されたいんだよね。だから外装ばっかりになるんだろうね。洋服でも靴下とかベルトまで気を回せるかどうかって大切でしょ。本当にオシャレかどうかってそういうとこでわかるじゃない。見えない所もこだわることって大切なんだよ。

X)見えない所ですか・・・・。

I)そう。例えば俺のFJのドアの中には、アルミの板を貼り込んであるんだよ。

X)内側にですか?

I)そう内側。だから見せられないけど、ドアを叩くと音が違うでしょ。

X)えっ? わかんないです。じゃぁ僕のFJと比べてみます。
・・・・・・ほんとだ、違う。叩いたときに音が反響しない。ドアが分厚い鉄でできてるみたいですね。

I)ね、全然違うでしょ。これはオーディオの性能を生かすための工夫なの。

X)どういうことですか?

I)俺は仕事柄音楽を聴くってすっごく重要なの。それも一般の人みたいに普通に聞いてるだけじゃなくって、細かな良さを研究する必要があるんだよね。楽器一つ一つの奏で方とか・・・上手く言えないけど、しっかりいい音で聴きたいわけ。だから、アンプやスピーカーにもこだわるんだけど、音って壁に吸い込まれていくんだよね。それを適度に上手く反射させると音の広がり感や臨場感が全く変わってくる。だからドアの内側に音を反射させる金属を貼るの。

X)そうなんですか!チョット音楽聴かせてもらってもイイですか?

I)もちろん。

X)・・・・。
いや凄い。確かにIKURAさんが言ってることがわかる。サラウンドっぽい臨場感がある。

I)そうでしょ。俺はミュージシャンってこともあるから、そういうことも大切にしたいわけ。普通の人達なら要らないけどね。でもすっごくいい音になるでしょっ!

X)そうですねぇ。

I)じゃぁ、オーディオ関係からチョット見せていきましょうか。

X)宜しくお願いします。

I)このリアに見えますのが、ウーハーでございます。




X)これで重低音を確保ってことですね。

I)はい。で、ダッシュボードのココとドアのココのスピーカーを変えてあります。更にリアのココに後付けしました。これがあると後ろからも音が飛んでくるんでサラウンド効果が倍増するってわけ。








X)へぇー。

I)オーディオに関しても、やっぱりこれは専門家と打ち合わせしながら決めていかないとダメなんだ。なんでもかんでも取り替えたりすりゃぁいいってもんじゃないからね。ちゃんと自分が好きないい音がバランスよく出てくれないと嫌だからプロに任せる。俺は最近ずっとKICKER(キッカー)にお願いしてる。キッカーはすでにFJでデモカーまで作ってるから経験が違うしね。

X)あっ、昨年の東京オートサロンでエルガレージブースに展示してあったFJですか?

I)そうそう。コレね。とんでもないでしょ。このノウハウが俺のFJにはいかされてるんですねぇ。








X)あのFJも凄かったですもんね。

I)そう。あれはアメリカのキッカー本社がデモカーとして作ったカスタムなんだよ。だからとことんやってあるでしょ。

X)それじゃぁいい音が出せるわけですね。

I)そういうこと。

X)その他に変えたところは・・・・。

I)まぁパネルに柄を入れて、ハンドルを変えて・・・・。








X)あっ、このステアリングってイクラさんがプロデュースしたんですよね。迷彩柄ってカッコいいですよね。

I)でしょ。名古屋のREALっていうステアリングメーカーと一緒に作ったんだ。ガンタイプで凄く握りやすいんだよ。ちょっと握ってみて。

X)ホントだ。フィットしますね。

I)で、カモフラージュってすっかりファッションの世界じゃ普通の柄になったよね。オフロードっていうテーマとこのオレンジがかった赤いボディーに絶対マッチすると思ったんだよ。いいでしょ。ノーマルの黒いボディーとか、シルバーのボディーとか、サンドベージュ、黄色のボディーとかにも絶対合うよ。

X)それとエアコンの吹き出し口の下にキッカーのパネルが貼ってありますね。

I)そこに丁度納まるパネルをキッカーが持ってたから貼っちゃったんだよ。いきなりカッコよくなるでしょ。こんな小さなことでもカッコよくなるってわかるでしょ。

X)ステッカー一枚でも貼り方次第で・・・ってことですね。

I)そうそう。わかってきたじゃん。

X)しかし聞いていくと凄いことになってるんですね。細かいところをいくつもいくつも。

I)そう。見えない所までね。最後にドアミラーもね。

X)あぁ、なんか青いですね。





I)そう。太陽や後続車のライトとかの反射を抑えてくれるんだけど、少し湾曲になってて見える視界を広げてくれるようにできてる。これも2インチリフトアップするとちょっと後方が見にくくなるからすぐに作ってもらった。更にミラーの中に魚眼ミラーも付けてもっと見やすくしたんだ。

X)これイイですね。

I)飾りみたいなもんだけどあると絶対便利でしょ。さりげない飾りで、あぁそうそうコレも意外とみんな知らないんだよねー。アメリカでオプションとして売られてるアクセサリーパーツなんだけど、さりげないでしょ。





X)いやいやいや、IKURAさん。やっぱスゴイわ! TOYOTA公認のカスタムプロデューサーってだけありますよ。半端じゃない。

I)まぁコレはエルガレージのデモカーみたいなイメージで作ったから特に色々やったけど、もっとシンプルにしたってFJは全然カッコいいんだよ。

X)そうでしたね。屋根だけ色変えるとか、カッコいいステッカーをバランスよく貼るとか、小さなディテールをチョット変えるってことでしたね。

I)そうそう。外観は特にタイヤとホイールね。これは凄く大切。デザインだけじゃなくて、全体的なバランスでサイズを決めること。FJはホイールが大きすぎてもだめ、小さすぎてもだめ、タイヤも薄すぎてもだめ。

X)そうでした、そうでした。
すっかり色々勉強させてもらいました。IKURAさんありがとうございました。

I)はい。どうせなら、今度は街乗り用のアーバンスタイルっていうのも紹介できるといいね。RIKACOの車両をベースにしてもいいし。

X)それ、お願いしますよ是非。

I)ただ、RIKACOが普段乗ってるからなぁ。かなり気に入ってくれたみたいだし。だからタイミングが合ったらやろうよ。点検とかで預かったときとかに。

X)あっ、いいですね。連絡いただければすぐに来ますので。

I)わかりました。

X)ところでIKURAさん。大変聞きにくい質問なんですが、よろしいですか?

I)いいよ。

X)一般の人達がIKURAさんにカスタムをお願いすることってできるんですか?

I)あたり前じゃん。誰のでもやるよ。ちゃんと会ってどんな人なのか、どんなライフスタイルが好きか? どんな使い方したいのか? とか、色々聞きながら俺もイメージを創っていったりね。

X)こういう大がかりなカスタム限定ですか?もっとタイヤとホイールのチョイスだけとか、パーツのチョイスとか相談させてもらえるんですか?

I)するって。エルガレージはカスタムを中心としたカスタム屋なんだから、パーツも取り寄せるし、必要ならワンオフでも作るし、なんでも気軽に相談してくれて大丈夫だよ。

X)でも、なんか緊張するよなぁ。

I)そうだろうねー。俺はそんなに意識してないけど、みんなそう思うよね。だから、まずはエルガレージに電話してくれてもいいし、来てくれればスタッフがまずは対応しますから。全国のトヨタディーラーやら、芸能人やら、カスタムショップやら、個人の方まで、毎日色んな相談が来てるから大丈夫。わからないこととか、カスタムで不安なことがあったら何なりと聞いてくれていいから。

X)そうですね。スタッフの方にまずは相談すればいいんですもんね。

I)そうそう。

X)費用感ってどうなんですか? 多少お高め、それともかなりお高め?

I)別に普通だって。別に安さを売りにしてはいないから特別安いってわけじゃないけど他のカスタム屋とほとんど変わらないと思うよ。高かったら安い所に行っちゃうだけじゃん。よほど凝らない限り大丈夫です。心配しないでください。

X)こんなこと言ったら変ですが、話してみると全然・・・ですね。

I)何が全然なの?

X)いや、もっと怖い人だと思うじゃないですか。

I)大丈夫だよ。俺は怪獣じゃないんだから。

X)失敗しないためにも、IKURAさんに相談した方がいいですね。

I)そうしてください。ただ、かっこ悪いと思う時はやめた方がいいとはっきり言いますよ。後悔されたくないし、俺に相談したにも関わらず・・・なんてことは嫌だからね。

X)そりゃそうですよ。ユーザーだってその方が絶対ありがたいですもん。
長い時間本当にありがとうございました。あと今後なんですけどね、継続してIKURAさんのカスタムがらみで取材をさせていただきたいんですが、何かテーマとか無いですかね。

I)ん~・・・なんでもいいけど、アメリカのカスタム事情とかやったら? 確かにFJのカスタムは色々やってるけど、俺は元々アメ車のカスタムをプロデュースする人間だから、FJは全体の中の一つの車種でしかないでしょ。だからそういう全体的な話を色んな角度から継続して教えてあげられたらいいんじゃないかな。例えばSEMA(全米で最大規模のアフターパーツの展示会)の情報とか、他メーカーから依頼されたカスタムの例とか・・・。

X)いいですねぇ。面白そう。

I)色んなものを見て俺もアイデアを出したり、感性を養ったりしてるからね。これでも日々かなり勉強してるんだよ。そういうのを一緒に伝えてあげられたら参考になると思う。

X)絶対イイです、それ。

I)じゃぁ次は・・・なんか考えとくよ。

X)近日中にお願いしたいんで、頼みますよIKURAさん。

I)大丈夫、大丈夫。ネタはイクラでもありますから。

X)いやぁ楽しくなりそうです。新しいFJのプロジェクトも含めて、今後とも取材にご協力よろしくお願いします。

I)わかりました。お疲れ様でした。

果たして次回はどんなカスタム談義が聴けるのやら。
まぁ「ネタはイクラでも」なんて言ってますからね(笑)
皆さん首を長〜くしてお待ちくださいね!
 乞うご期待!