さて前回DAIKANYAMA T-SITEに取材に行った訳ですが、となるとみなさん興味が沸くのは各作品の詳細だったり、制作コンセプトだったり、ですよね! ということで今回はその全貌を紹介させて頂きます!
それぞれ見事な程に方向性が個性が独自色を醸し出しています。
改めて並べてみると、おおこれは新たな超ド個性集団のトランスフォームチーム誕生か!などと興奮してしまいます。→写真拡大



では。ご紹介させて頂きましょうか。
おっとその前に、純正のFJトランスフォーマーがコチラ。
はい。これが純正なのです。十分かっこいいじゃないすか!
この姿を覚えておいてもらって、これから登場する超ド個性集団のトランスフォームチームを見れば、本当に心血注ぎ込まれて制作されているのがわかるハズ。
ああ!ここまで変わるのか!と感動してください。



TITLE. Amaterasu
ARTIST. Orle GA. AOYAMA
CONCEPT. TOYOTA FJクルーザーの顔であるルーフから、日本の力「太陽」のエネルギーが発散する様をステンドグラス調で表現した。→写真拡大



TITLE. Optimus Prime Gold leaf Edition
ARTIST. CEMENT PRODUCE DESIGN with 京都金箔押し職人
CONCEPT. 限定制作されたオートボット(TOY)に、"CEMENT PRODUCE DESIGN" の監修のもと、"京都金箔押し職人" が、デコレーションアートに挑戦。
金閣寺にも使用されている最高級金箔を使っての緻密な職人技は、継承し続けるべき輝きを放つ。→写真拡大



TITLE. Love actury is all around(愛はいたるところに)
ARTIST. BSS design plus
CONCEPT. メッキ加工を用いてROCKな世界観でFJクルーザー×トランスフォーマーを表現。→写真拡大



TITLE. 1011
ARTIST. MOEKO OSAWA
CONCEPT. 「紡がれる未来」。無限の可能性を、角度で色んな表情を魅せるスワロフスキークリスタルで表現。
炎シェイプの翼と、ボディーの内に走らせた赤のポイントラインで、溢れ出す情熱を連想させる、「創造性の進化と誕生」を立体的にヴィジュアライズした1作。→写真拡大



TITLE. The Seasonal Transformer I
ARTIST. ラジカル鈴木
CONCEPT. 自然こそ、最たるトランスフォームのみなもと。日本には豊かな季節があります。
そして、それを愛でる人間も自然の一部。開花し、やがて散りゆく可憐な花びらに、脳内物質は素直に反応します。→写真拡大


アーティスト各人が、各人のセンスや技術と考え抜かれたコンセプトでトランスフォーマーという媒体を通じて表現される、そしてそのトランスフォーマーモデルはFJモデル。
異端、といったら言い過ぎかも知れませんが、いや、だからこそ鋭利な研ぎ澄まされたアートが完成する。
そもそもFJクルーザーは昨今の車に多い、風の抵抗等を考慮した丸みがかったデザインとは一線を画す、60年代に登場したヨンマルのデザインを現代的解釈で表現した、そう、異端な存在。
異端と聞くと一瞬ネガなイメージを持つ人もいるかも知れません。しかし、それは同時に自分にしかない個性を発揮しているという事。
流行に左右されるよりも己の感覚を貫くヒトやモノってどこか異端な要素があるから、人の目を惹き魅力的に映る、とFJ好きとしては声高らかにそれを言いたい!

そして今までFJを知らなかった人が今回のコラボで展示されたFJトランスフォーマーに触発され、新たなオーナーの誕生を願って止みません。

FJ。トランスフォーマー。果たして次は何を仕掛けてくるのかっ!

我々取材班は何処でも行きますよ!そこにオモシロイがある限りっ!


トランスフォーマーの公式HPはコチラ!
http://tf.takaratomy.co.jp/toy/